mathjax

2012年7月8日日曜日

測量野帳

文房具を紹介するムックを読んで「大した紹介がないなぁ。」と思っていたら、面白いノートを使っている人がいて気になった。

コクヨS&T 測量野帳スケッチ白上質 40枚
コクヨS&T 測量野帳スケッチ白上質 40枚

コクヨ測量野帳スケッチブックという3mm方眼のもの。無印良品でも類似品の「手のひらサイズポケットノート」というのを売っていたらしいが、今は無印良品では廃番になり、ファミリーマートでのみ展開されているらしい。無印は黒色だったらしく、コクヨの緑の地味なデザインよりは良かったのかもしれない。。。

測量野帳、比較的どこの文具店でも売っているというネットの記載を見たのだが、近所の文具店には無く、伊東屋まで行ってきた。当初、「きっとこんな雰囲気のノートなんだよな。でも、中の罫線が違うから、、、」とスルーしたノートが私の目指すスケッチブックの兄弟にあたるレベルトランシットだった。表紙の文字が違う事に「?」と思い、緑色のノートの山を全部チェックしたら、下側がスケッチブックだった。良かった。

凄く軽い。そして安い。表紙が硬い紙になっていて立っていても文字が書ける。電車の中で文字を書きたかった私にはとてつもなく最適な一品。

気取ってモレスキンも持っているが、重たくて常備する気になれない。&文字を書ける所が少ない気がする。

測量野帳は開いて、横向きにして(折り目を地面と平行にして)上下ページともに書くようにすると結構な面積になる。

そして、更に私は、カラーのゴム紐を背表紙の隙間に通して輪っかにして、片方の角にかけるとノートが開くのを防止する事が出来る&ボールペンも押さえる事ができるという素晴らしい使い方を発見し、ご満悦になっている。

0 件のコメント:

コメントを投稿