mathjax

2015年5月31日日曜日

iFI-Audio nano iDSD購入。


アイファイオーディオ USB入力専用デジタルヘッドフォンアンプDAコンバーター/DDコンバーター/USB入力専用プリアンプiFI-Audio nano iDSD

アイファイオーディオ USB入力専用デジタルヘッドフォンアンプDAコンバーター/DDコンバーター/USB入力専用プリアンプiFI-Audio nano iDSD
nano iDSDを買った。外でもDSDを聴きたかったからもあるし、

Huawei SIMフリースマートフォン Ascend P7(ブラック)(LTE対応) ASCEND P7 L10/BK

Huawei SIMフリースマートフォン Ascend P7(ブラック)(LTE対応) ASCEND P7 L10/BK
最近購入したHuawei Ascend P7から、以前から持っているPHA-1にUSB Audio出力をしてもノイズだらけで音楽が聴けなかったので、もしかしたらnano iDSDでは聴けるのではないか?という期待もあり購入をした。(結果はダメだったけど。)

SONY ポータブルヘッドホンアンプ PHA-1

SONY ポータブルヘッドホンアンプ PHA-1
購入前にネットで調べていたら、nano iDSDのヘッドホン・ジャックはトラブルが多いというような情報が幾つか見られた。症状としては、ヘッドホンを抜いても、RCA端子で音がちゃんと聴こえないとか、片チャンだけ聴こえるとか。電気の信号的なことまで解析してくれているサイトがあった。
ブログ iFI nano iDSD ポータブルアンプの動作
ブログ iFI-Audio nano iDSD RCA変換ケーブル
ブログ ステレオジャックによる逆相クロストークの測定
はて。どういうことを言っているのだろうか?ヘッドホン・ジャックの構造というのを調べてみることにした。
hpjack-plug-unplug.jpg

上記の図に示したように、ヘッドホンのジャックは、プラグが無い時は、L-chとL-ch(switch)の信号がバネで押さえられて接触しているため、導通している状態。プラグが入ると、プラグがL-chの端子を押し上げる為、L-chとL-ch(switch)が離れる構造。つまり、L-chの端子から入ってきた音の信号は、プラグが無い状態ではL-ch(switch)に通り抜けて行くが、プラグが入ると、プラグにだけ音の信号が行き、L-ch(switch)には信号が行かなくなる。(R-chも同じ。)

それで、ヘッドホンが無い状態でRCA端子に音が行かないということは、このL-ch,L-ch(switch)間の接触抵抗が高いか、引っかかって上手く接触していないかといったような状況が生じているのでしょう。なるほど、それで、上記のサイトでは、RCAケーブルを使う時にL-ch,L-ch(switch)、R-ch,R-ch(switch)をショートする改造が提案されているのか。

同サイトで書かれている“GNDの接触抵抗によって左右ユニットの共通インピーダンスが発生、逆相のクロストークとなる”という所は、ちょっと難しくて良く分からないのだけれど、端子間の接触が悪いコネクタということは、プラグとGNDが繋がる所も、プラグと各端子の信号が繋がる所もあまり良い接触が期待できないのではないか?というのは理解できた。RCAケーブルを使うことが提案されているが、ポタアンとして買ったものに、そんな邪魔なものを付けるのも嫌だし、曰く付きのジャックで過ごすのも嫌なので、ジャックを交換することにした。(私が購入をしたものはヘッドホンからも、RCA端子からも音は出たので、何もしなくても問題は無かったのかもしれない。)

部品は同サイトでも触れられているマル信無線電機MJ-352W-Cにすることにした。マルツ秋葉原本店で90円で売っていた。
3.5mmステレオジャックパネル取付型 MJ-352W-C マル信無線電機製|マルツオンライン

hpjack_omote_hikaku.jpg

手前がMJ-352W-C、奥が取り外した元のコネクタ。MJ-352W-Cは基本はパネル取り付け用なので、リングの為のネジが切ってある。

hpjack_ura_hikaku.jpg

上手に外せなかったのでR-ch(switch)の端子が飛び出してしまったけれど、端子の配置はかなり似ている。GND端子だけが、MJ-352W-Cの方が内側寄りなので、ペンチで少し曲げる必要があったけれど、何とか外した基板にそのまま取り付けることが出来た。(でも、なんとなく真っ直ぐじゃなくて、気持ち傾いた感じにプラグが刺さるようになったのは寸法の違いのせいか、私の取りつけのせいか、コネクタの構造のせいなのかは分からない。)

RCA端子で出して、結局3.5mmのジャックに変換するとしたらコネクタを2回経由することになるので、それ位なら直接3.5mmで出した方が良いのではないかと思うし、何より邪魔にならないので、これが良いのではないかと思う。

ただし、取り外す時に、ブロワーを使ったけれど、気を抜いて基板が焼け焦げそうになって購入翌日にお釈迦にしてしまったかと冷や汗だったし(何とか基板上のパターンは残っていてくれた)、「自分にできるだろうか?」とそもそも心配するような人は、コネクタの交換などは止めておいた方が良いと思う。

0 件のコメント:

コメントを投稿