mathjax

2015年8月9日日曜日

DSD DISCの作り方。(前編)

一生懸命にUSB Cableを作成したnano iDSDだが、そもそもDACがTexas Instruments(Burr-Brown) DSD1793。なんかこれ、ワンチップでお手軽に作れますよ的な安いチップじゃ???

ヘッドホン・ジャックにも何か粗悪な物が有ったみたいだし、、、どうなんだろ?

と思っていたのだけれど、色々な音源を聴いていたら、なんか痩せた音しかしない気がして嫌になった。ので今はFOXTEX HP-A4に戻っている。

で、最近とても良いDSD音源を手に入れた。素晴らしい。専らPCかiPODから再生するので問題ないのだが、DSD DISCというのが焼ければ対応しているプレイヤーで読めるらしいということで、どうやって焼けば良いのかと調べたら、KORGのAudioGate 3というソフトで出来るらしいのだが、KORGのDACを使うか、ライセンス料¥ 19,980を払わないと出来ない。むむむ。。。と思ったのだけれど、もう少し調べてみたら、自分でも出来そうなことが分かったので、メモ。

DSD Disc Format Specification
2010年7月 - ひよこ造船工房
こちらの方が親切に書いて下さっている。プレイリストをテキストファイルで作って、フォルダ構造にしてフリーのライティングソフト等で書けば良い模様。

とここまで調べて自分がDSD DISC再生に対応した機器を持っていないことに気付いた。

DSD DISCの作り方。(完結編) に続く。

0 件のコメント:

コメントを投稿