mathjax

2015年8月30日日曜日

FiiO X5 2nd generation 購入。

オヤイデ ハイレゾオーディオプレーヤー X5 2ndFiiO X5 2nd generation FIIO-X5 2ND GEN.
オヤイデ ハイレゾオーディオプレーヤー X5 2nd
FiiO X5 2nd generation

FiiO X5 2nd gen (X5II)を購入した。試聴しようと思って立ち寄った秋葉原のヨドバシではショーケースでの展示で試聴ができなかったため、足を伸ばした e☆イヤホン 秋葉原店 で、週末特価 48,000円になっていて、kakaku.comで見る最安値よりも安かった。(ヨドバシは59,620円)。iriver Astell&Kern等も各種売っていて、聴き比べてみたけれど、結局良く分からず。

オヤイデ電気の日本語のサイトよりも、製造元の英語のサイトの方が情報が詳しく、頼もしい。
オヤイデ電気 X5 2nd generation of FiiO JP
FiiO-Love music,love life,love FiiO!
そもそもこの機種の購入を考えたのは、DSDをDSDで再生できるポータブル機器が欲しかったから。DSDはPCMに変換してから再生するとDSDの持つ良さが失われてしまうように感じる。そしてiPod Touch + ポタアンの2台持ちが邪魔くさくなってきたというのもあり、これ1台で完結してくれるのは良さそうだと考えたから。

FiiO X5 2nd genの横には、FiiO X3 2nd genも確か28,000円(これも週末特価)で売っていて、聴き比べをしてみた。正直自分の耳ではあまり明確な違いは分からなかった。(家で聴いたHP-A4でDSDを聴いたときはもっと良かったような気がする。X3 2ndもX5 2ndも同程度かな。という印象。)それより問題はX5 2nd genはゴツくて重い(165 g、109mm×63.5mm×15.3mm)、X3 2nd genはコンパクトでそこそこ(135g、96.7mm×57.7mm×16.1mm)。ただ、それでも画面表示などのこなれ感、反応の速さなどがX5IIの方が良かったというのがあり、買ってから後悔するよりは、、、ということでX5 2nd genにすることにした。

回路構成としても、X3II(上)よりX5II(下)の方が豪華な作りになっている。
X3II
X5II
海外のレビューサイトに載っている筺体内の写真を見ても、それなりにスッキリとした配置をしているし良いかなと。
FiiO X5 2nd gen Premium Hi-Res DAP
大きさの都合上コンデンサがチップ部品(タンタルコンデンサ)になっていたり、コイルなんかも小さな巻き線だったりするので、据え置き型で場所の使えるHP-A4よりは音がちょっと、、、なのは致し方ないことかなと。USB-DACだけのH_-A4に比べて、画面やバッテリなんかも内蔵しているX5IIではお金の掛けれる部分が減りますからね。(目立つ赤色の部品はWIMAのフィルムコンデンサというのですね。検索すると音質が良いと書いてある。)


で、新しいFirmwareがでているから、焼き直そう。(Firmware Updateに使うMicroSD CardはFAT32でフォーマットされていること。と各所で念押しされている。使えているから大丈夫だろうと勝手に思っていたが、exFATというのもあるそうなので、注意が必要。
X5 2nd firmware 1.1 of FiiO JP
FiiO X5 2nd gen new firmware FW1.1 download 2015-8-7
結構簡単に焼けた。購入初日に使っていて反応しなくなって強制電源OFFしたことがあったから、“2.フリーズの原因となるいくつかのエラーを修正しました。”で治ると良いと思う。

0 件のコメント:

コメントを投稿