mathjax

2016年5月3日火曜日

HD800Sの試聴にゼンハイザー 青山ショールームに行ってきた。

ゼンハイザーのHD800Sの音が聴きたかったので、ゼンハイザー 青山ショールームに行ってきた。青山1丁目の駅の隣のビルにあるのだが、平日しかやっていないのでなかなか行けなかった。

秋葉原のeイヤホンはいろいろなヘッドホンの試聴が出来るようになっているけれど、(たぶん)HD800, HD800Sは中古品のコーナーにしか置かれていない。試聴用のアンプも置かれているが使うのに敷居が高かった。ヨドバシカメラやビッグカメラなどはここまで高級なヘッドホンはそもそも置いてなかったり、触れるような状態にはなっていなかったりで、ヘッドホンの最高音質と言われるその音をこれまで聴くことが出来なかった。

ゼンハイザーの青山ショールームでは、ゼンハイザーのUSBヘッドホンアンプHDVD800にHD800とHD800Sがバランス接続された状態で置いてあり、横に置かれたPCからの再生音を聴くこともできるし、SACDプレイヤーも置かれているので、自分の良く聴く音楽を持っていき、それを試すことが出来る。

HD800とHD800Sを聴き比べるとHD800Sの方が音が派手になったような気がしたが、ショールームのスタッフの方に伺ったところ、周波数特性をフラットにしたものがHD800Sだという。最初はバランスだけを比較していたのだが、自分が持って行ったbeyerdynamic T5p 2ndをアンバランス接続で聴いてみると、音の抜け具合が全く異なり、勝負にならなかったので、HD800Sもアンバランス接続のものも用意して貰い聴き比べた。

 (普)T5p 2ndアンバランス < HD800Sアンバランス < HD800Sバランス(良)

T5p 2ndはポータブル用で密閉型なので、音の抜け具合は開放型のHD800Sと比較しては可哀想というものだが、しかし、HD800SバランスからT5p 2ndアンバランスに付け替えたときの絶対的な違いというのが大きかった。その後、HD800Sアンバランスにしても、HD800Sの優位は変わらなかった。

HD800Sはドライブする機器も選ぶし、開放型で外では使えないので、いつ使うんだという話もあるし、HD800Sそのものが高い(2016年5月現在で20万円ぐらいか?)上に、バランス駆動の出来る良質なヘッドホンアンプが必要となるので、到底手が出せないのだが、うん、良い音だった。


(お客さんも自分一人で、ショールームは販売をせずに純粋にお試しが出来る場所だと思って伸び伸び試聴させてもらったのだが、後から調べたら購入もできるらしい。でも、買って下さいプレッシャーは皆無だったので、「凄く良い音ですねー。」と聴かせて貰ったらよいと思う。)

0 件のコメント:

コメントを投稿