mathjax

2016年9月17日土曜日

Gmailで外部のメールを受け取るなら、POP3ではなく転送がいい。

これまでずっとGmailから外部のメールをPOP3で取り込んで(「設定」→「アカウントとインポート」→「他のアカウントでメールを確認」)使っていたのだが、取り込みの頻度が1時間に1回ぐらいで来ているはずのメールが受け取れずにイライラすることが多々あった。「メールを今すぐ確認する」というのを手動で押すことで取り込みを開始できるけれど、これはブラウザのGmailのデスクトップ(=PC用)の表示でだけ選べるもので、Androidからデスクトップ表示をわざわざ選ぶのも面倒だし、さらには複数のGmailを使い分けていると、Androidでログインしているものではないアカウントのこの画面を表示できないという事態に遭遇した。(デスクトップ表示を選んだ時点で、なぜかAndroidでログインしているアカウントに切り替わってしまう。)

回避策はネットの各所に書かれていたのだが、運用が面倒に違いないと勝手に思って試していなかった。

外部のメールの側でGmailに転送をするようにすればよいだけだった。2つの外部のメールを持っているがどちらも無料で転送する機能が提供されていた。外部のメール側はメールを受信したときにすぐに転送をしてくれる(遅延は1分も無い程度)。Gmailでそれを受け取っても宛先の表記は元の外部のメールになっているので、そちらのアカウントに届いたものであることが分かる。

外部アカウントから返信をしたいときは、設定」→「アカウントとインポート」→名前: (Gmail を使用して他のメール アドレスからメールを送信します)」の機能を使う。Gmailからメールを作成するときに送信元のアドレスを選択することが出来るようになる。外部のメールの送信サーバーから送られる。



あれ、この宛先に勝手に連絡先の情報が埋め込まれるの止められないのかな。

0 件のコメント:

コメントを投稿