mathjax

2017年4月30日日曜日

ミニベロ、ブレーキバー交換。


Minivelo9 Flatの一番の弱点は、このブレーキだ。なぜ、こんなプラスティックの変なブレーキなのだろうと、買ってからずっと気になっていた。そして、今日、これと決別することができた。



元々付いていたブレーキレバーはDIA-COMPEのDC188 for Handle Bar Diameter ID18mmというものだと思う。
DC188 | DIA-COMPE

そして今回取り付けたのは、DIA-COMPE DC189-ID16。


と、ヨドバシで買ったALLIGATOR 151-00222 [LY-F2P1.8M+4F-GN SLEEKGLIDEブレーキ用アウターケーブルゴールド(GN)]。1.8m有るので前後で使える。アウターキャップも4個付いてきた。直径5mmで交換前と同じ太さ。網目が少しだけ目立つようになった気がするけれど、色合いも同じような感じ。


DC189-ID16についてきた取扱説明書を見ると、ハンドルバー内径が19mm以上の場合はφ20仕様のものを使うようにと書いてあって、実測で19.1mmあるこの自転車のハンドルバーには、ハンドルバー内径が18mm以下の場合に使うように書いてあるφ16仕様のDC189-ID16ではなく、DC189の方が向いていたのかもしれない。


ブレーキのケーブルは、タイコ(ケーブルの端に付いている丸い所)の形がロード用とMTB用で違うのでMTB用を使用。また、ギア用のケーブル(シフトケーブル)はよく似ているけれど、太さがブレーキ用は1.6mm、シフト用は1.2mmなので間違えないように。

それと、ブレーキのインナーケーブルや、アウターケーブルをカットするのにワイヤーカッターは大事。どれくらいの太さのワイヤーまで対応しているのかは、「切断能力:ワイヤーロープ/直径5mm」といった記載を確認した方が良い。

0 件のコメント:

コメントを投稿