mathjax

2017年7月30日日曜日

SHURE SE315のケーブル交換。

SHURE SE315を数年前から持っている。音のことが良く分からない頃に、聴き分けもできないまま、何となくよさそうだと買ったもの。ただ、何年も経って変色が進んできた。それから、買ってすぐの頃から思っていたことだがケーブルが長い。これらを解消するため、交換用ケーブルを購入した。

オリジナルと同じものならEAC64CLという160cmのものになるのだと思うが、これは長いのでEAC46-CLSという116cmの物にした。本来はSE864という高級モデル用のケーブルだが見た目もそっくりだしコネクタもMMCXで互換性がある。EAC46-CLSは日本国内では8000円位で販売されていて、「いや、ケーブルだけでその値段は、、、」と検索をしていたらeBayでUS $29.99で販売されているのを見つけた次第。送料が追加で$4.9。USPS First Class Mail International / First Class Package International Serviceで送られてきたが注文から一週間ほどで封筒に入って到着した。

オリジナルと届いた新品。


構造は同じ。

オリジナルはSE315 Made in china 0424の刻印があった。


プラグ部分に段差ができている。

オリジナルの物はプラグの長さが足りずにスマホのケースにぶつかってしまったので、樹脂の部分をカッターで切って減らしていたのだが(何万円もしたケーブルを買ってすぐカッターを入れるのはなかなか嫌だった)、新しいものは形状変更がされていて加工する必要はなさそうだ。

0 件のコメント:

コメントを投稿