mathjax

2018年8月4日土曜日

Whispersync for Voice(Kindle+Audible連携)が英語学習に凄く便利

Amazon.comのサービスにWhispersync for Voice機能というものがある。Kindleを買うときに対応しているAudibleも一緒に買うと(後からAudibleの追加もできる模様)、Kindleで読んでいるときにAudibleで読み上げをしてくれる。読み上げているところをハイライトしてくれる。Kindleで開いているページを読んでくれるし、30秒前、30秒後に巻き戻し・早送りなどもできる。再生速度も切り替えできる。Audibleアプリで開けば純粋にAudibleとして使える。下記のビデオで2:00過ぎぐらいから動かしている様子が見れる。


一つ注意が必要なのが、Amazon.co.jpではこのWhispersync for Voice機能は使えない。そしてさらに面倒なのが、Amazon.co.jpとAmazon.comのアカウントの統合をしてあっても、そのアカウントではこの機能は使えない。

Kindleアプリが、アカウント名のMail Addressと、Passwordによって、Amazon.co.jpとAmazon.comとどちらに接続するかを切り分けているようで、良く分からないことになってしまった。(数年前にアカウントの統合という手続きが有ったのだが、現在はそれが出来なくなっている。しかし、アカウントの統合は済んでいても上手く動かない。)

私が見つけた対応方法は、Amazon.comに違うMail Addressの新しいアカウントを作ることだった。そのAmazon.comのアカウントでKindle本をAudible bookと一緒に購入する。(下記のようにチェックを付ける。)


iOSやAndroidのKindle AppにそのAmazon.comのアカウントでログインをすると、そのコンテンツを使うことが出来る。

ここが一つ問題で、Amazon.comのアカウントでログインする必要がある。正確には、端末の登録先を切り替える必要があるため、Amazon.co.jpのアカウントに切り替えるときには、ダウンロードしたコンテンツなどが一旦、iOSやAndroidの端末から削除される。(Android Appでいえば、その他>設定>登録-端末の登録解除でアカウントの切り替えができる。)

それなので、Amazon.co.jpでもKindleを沢山使っている人は、とても困ることになると思う。使っていないiOSやAndroidの端末をAmazon.com専用に割り当てて使うなどの対応が必要になる。今日現在で言えばiPod Touch Gen5、iPad mini 3、iPad Pro 10.5、Android 7.0などのKindle Appで動作している。

私の場合はAmazon.co.jpでもそれなりにKindleコンテンツを購入しているけれど、今、電子書籍購入はHontoがメインなので、Kindle Appはほとんど使っていなかった。それなので、Kindle AppをAmazon.comメインに使っても問題は生じない。

元々は、同じ本を読むのに、文字で読んだり、音で聴いたりを行き来して使う為に出来た機能だが、英語を勉強する際には、文字を読みながら、音も聴くことで、正しい発音も分かるようになる。昔は、CDやテープの音を聴きながら本を読んだけれど、読んでいるところの音を再生するというのが非常に面倒だった。それが、本のページを開くだけで、その場所の音を読み始めてくれる。Whispersync for Voiceは最高に素晴らしい機能だ。

2019/6追記
Amazon.comではアカウントを作らなくても、e-mailのアドレスを変更することも可能なことが分かった。もしかすると、アドレスを日本のAmazon.co.jpとは違うものに変えるだけで、Kindleアプリで接続を切り替えることが出来るかもしれない。(試していないので分からない。)

2 件のコメント:

  1. ありがとうございました。別アドレスでAmazon.comのアカウントを作り、KindleとAudibleにログインして使うことができました。こういうものがあったらと思っていた画期的な便利さです。外国語学習が飛躍的に進歩すると思います。

    返信削除
    返信
    1. 本当に素晴らしい機能ですよね。Whispersync対応のコンテンツが更に増えると良いなと思います。

      削除