mathjax

2018年10月21日日曜日

Win/Mac/UbuntuでWinが起動しなくなった。

Mac mini late 2012にBoot Campで入れていたWindowsが起動できなくなった。最近Ubuntu18.10を無理やりインストールしたのが悪かったのだろう。

何度も再起動をして何とか起動できないかと頑張ってみたが結局、Windowsの修復ツールの「元のバージョンに戻す。(ユーザーデータは保持)」でWindowsは起動するようになった。

すっかり何もかも消えてしまうのかと思ったけれど、ファイル類は残っていた。しかしインストールしたアプリが何もなくなってしまった。それでも再びインストールすれば済む。しかし、一番大きな問題が見つかった。Macに戻れなくなったのだ。Windowsキーを押しながら再起動をしても起動オプションが示されず、必ずWindowsで帰ってくる。

途方に暮れていたのだが、Boot Campのソフトを後から入れられることに気付き下記をダウンロードし、インストールをした。
Boot Camp Support Software 5.1.5621
結果、Win⇔Macの切り替えが出来るようになった。ちなみにUbuntuはMac→Winで起動することに設定をした状態で、Ubuntuが起動メニューを出してくれるのでそこで黙ってUbuntuに進むか、Windowsに進むメニューを選ぶかと言うことでWin/Mac/Ubuntuのトリプルブート環境を構築している。

0 件のコメント:

コメントを投稿